【海外で無料宿泊できる方法】オーストラリアでカウチサーフィン

Couch Surfing(カウチサーフィン)というサービスをご存知ですか?カウチサーフィンとは、海外旅行者が現地の地元の人の家に泊めてもらう代わりに、ほかの海外旅行者が日本(その旅行者の地元)に来た時に家に泊めてあげるサービスです。節約志向のワーホリメーカーにとっては、ぜひ検討したいサービスです。

couch surfing

非営利法人が運営しているサイトなので、宿泊料や登録料や使用料は一切かからないです。海外で地元の人の家に無料で泊まったからと言って、絶対に海外旅行者が日本の自分の地元に来た時に泊めてあげなくてはいけないというわけではないのでご安心を。

宿泊後にお互いの評価ができるということで、若干の安全性の確保がされています。但し、女性のレイプ事件なども過去に起きているので、利用する際はご注意ください。

あれ?他人の家に泊まって、お互いを評価するって以前紹介したAirbnbに似てない?と思う方は多いかもしれません。

ブリスベンでAirbnb体験!ホステルより安く、英語環境、1人部屋。ホストは月収30万円

ただ、8年前くらいからCouchsurfingを知っていた僕は、さらに疑問に思うわけです、この似たようなサービスのCouchsurfingって、Airbnbが発足する前にあったんじゃないかって。

もちろん調べました。カウチサーフィンの開始は、2004年に公式に開始。一方、Airbnbは2008年8月創業。カウチサーフィンの方が知られてませんが、Airbnbより早くサービスを開始していたんです!しかも似たようなサービスを無料で!冷静に考えると凄いですね。Airbnbって意外にコピーキャットだったんですね。

Airbnbの創業者Brian Cheskyさんは、起業するときにもちろんカウチサーフィンの存在を知っていたはずです。普通なら、無料で同様のサービスが行われていると知ったときに、有料で似たようなサービスでは勝てないと諦めるはずです。

ちなみに、カウチサーフィンとグーグルで検索すると、Airbnbの広告がトップで表示されました。このあからさまなライバル意識。

それでも有料のサービスの方が成功した理由は、

① みんな意外にタダで何かを提供してもらうことに抵抗がある(有料だとお金を払ったからサービスを受ける権利があると事実付けられる)

② カウチサーフィンだとホストと絡まなきゃいけない(ホストは異文化交流を楽しみでやっているわけですから)

③ Airbnbはタオルやシーツまで交換してくれる、ドタキャンも基本ない

とかくらいでしょうか。

それにしても不思議ですね。僕もAirbnbのサービスを使う前から、カウチサーフィンの存在は知っていましたが、海外旅行で使うのは、Airbnbです。

何かAirbnbの方が安心感があるんですよね。やっぱり、お金を払っている方が、ホストが最低限のサービスの義務を果たしてくれるという期待感がある

例えば、家に問題があっても、カウチサーフィンなら、タダで泊めてもらっているわけだから、その問題を改善してといいにくい。

Airbnbだと、お金払っているんだから、改善してよといいやすい。そして、ホスト側も注意されると分かっているので、その問題が起きないように事前に改善している。

無料と有料のサービスや製品があって、有料を選ぶっておもしろいなって思います。水だって、外に飲み水があるのに、エビアンを買ってしまう。

無料でネットで英語が勉強できるのに、有料のオンライン英語レッスンを受ける(インタラクティブな授業なら有料の価値ありますが)。

無料のエージェント(実際別のかたちでお金をとったり、語学学校からお金もらえますが)があるのに、有料のエージェントを選んでしまう。

この有料というところに心理学的に人間は価値を見出しているようですね。

書いていて、もはや全然カウチサーフィンのサービスの話をしていないことに気付いてしまいましたので話を戻します。カウチサーフィンでは、宿泊だけでなく、一緒に食事をするとか旅行するということもできます。

カウチサーフィンでオーストラリアのブリスベンと検索するとこんな感じの結果がでます。

Australia brisbaneでの検索結果

Australia brisbaneでの検索結果

こうみると、男ばっかりですね!女性の方は本当に気を付けて下さい。なるべく一人だけで宿泊するのは避けましょう。

興味がある方は、カウチサーフィンに登録して無料でステイしましょう。フェイスブックと連動させて登録ができるので、簡単です。

その際、なるべく自分の顔写真をプロフィールに載せるようにして下さい。上の検索画面を見れば分かる通り、ほとんどの人が顔写真を表示しています。当たり前ですが、顔が見えると言うのかかなりの安心感を相手に与えます。顔写真を載せると載せないでは天と地ほどの差があると思います。

僕は日本でカウチサーフィンのホスト側をやっていた仲の良い女性の友人がいますが、いつも知らん男をよく泊めるなと思ってました。その子含め本当に国際交流をしたいというだけの人がほとんどですが、中には違う目的のおじさんも交じってるかもしれないので、迷ったときは、安全をとりましょう。

無料の家に住んで宿泊代を節約したいという強い願望をお持ちの方は、カウチサーフィンを利用するのもありですね。1つの家に長期滞在は難しいと思いますが、そこは人間力しだいだと思います。

オーストラリアで無料宿泊とはいかないまでも、安く泊まれるサービスはAirbnbです。僕(@famzau)も良く使います。

ブリスベンでAirbnb体験!ホステルより安く、英語環境、1人部屋。ホストは月収30万円

他にもカウチサーフィンに関する書籍もあるので、ご一読を。
今日から出来る異文化交流 カウチサーフィンGUIDEBOOK
カウチサーフィン受け入れのはじめ方 〜日本にいながら、1年で外国人の友達を10人作る方法〜
宿泊費ゼロで海外旅行する方法

トップへ戻る