「砂肝」って英語でなんて言うの?男の節約料理 in Australia

料理する時間なんてもったいない。

それなら外食して時間を買うと言って、日本では毎日外食していた意識高い系の私(@famzau)です、どうも。

オーストラリアのブリスベンに来てから、ひまになったんで、料理を始めました。

それがまた、結構楽しい。

一応クリエイティブな活動なので、ストレス発散になります。

しかし、忙しくなってくるにつれて、そんな日々も続かず、一瞬で作れるステーキやソバへとシフトしていくようになりました。

そんな時短料理を追求していくうちに見つけたのが、日本人はみんな大好きに決まってる砂肝(スナギモ)。

これが、オーストラリアにたまに売っているんです。

このたまにっていうのがポイントで、Colesとかに行っても、ないことが多々あります。

なんでかというと、オーストラリア人はみんな砂肝を食べないんでしょうね。なんで、価格も安い。

Colesで売ってる砂肝

Colesで売ってる砂肝

この鬼盛りで、$2.80です。写真では伝わらないかもしれませんが、一人では食べきれない量です。

パッケージにも書いてある通り、砂肝とは英語でgibletsと言います。

砂肝って胃の筋肉部分を言うらしいのですが、コリコリしてておいしいですよね。

健康にもいいそうで、貧血や美容に効果があるそうですよ。

調理手順を説明するので、みなさんメモの用意を。

まず、買う。

次に、焼く。

最後に、塩と胡椒をぶっかける。

以上です。みなさんのメモ帳を放り投げる姿が目に浮かびます。

フライパンで焼く様子

フライパンで焼く様子

超簡単ですね。レモンなんて絞ってしまった日には、みんなで食卓でベリーダンスを踊りたくなるほどテンションが上がりますね。

この記事が好きな方は以下の記事も好きなはずです。

【男の節約料理術】俺、オーストラリアで激安魚Doryを料理してみる

あとは、男の料理本を読むかですね。
男のええ加減料理 60歳からの超入門書 (講談社のお料理BOOK)

コメント

  1. 紅茶大伯爵 より:

    オーストラリアの砂肝って「赤ん坊の耳かよ」となるぐらいデカイですよね。

    • たばけん より:

      むちゃくちゃでかいですね。
      そうですね。工程に、「切る」というのを入れ忘れました。

    • たばけん より:

      紅茶大伯爵さんのページにおじゃましましたが、語り口シュールでツボでしたw好きな感じのページです!
      アリとイラン人夫婦との同居生活頑張って下さい!

      ※なぜかスマホから何度やってもコメント残せなかったので、ここにメッセージとして書きました。

  2. Yoshi より:

    これ僕もよく食べてます!
    ファームの仕事の後にビールとこれは最高です(笑)
    でもこれ、オージーやヨーロピアンには不評でした…
    味の良さが伝わったらよかったのですが、嫌いみたいです(笑)

    • たばけん より:

      ビールとこれはやばい組み合わせです。これとビールを最高においしくするために、ファームで汗かいて働く意味がありますね。
      このうまさを西洋人と共有できないのは悲しいですよねw

  3. たばけん より:

    フェイスブックグループによると、牛ハツやタンなどホルモン全般がオーストラリアでは安いらしいです。
    というか、この記事がこんなに男受け良かったとは意外でしたw

トップへ戻る