【かっこいい英語表現】wishy-washyの意味と使い方!ウィッシーワシーの発音が忘れられない!

オーストラリア生活もかれこれ長くなってきましたが、英語ってたまにオモシロい発音の単語ありますよね。

僕が最近出会った耳に心地いい単語が、wishy-washy(ウィッシーワシー)。

wish(願う)やwash(洗う)の意味は、みなさん知っていると思いますが、その2つが合わさって、全く思いもつかない意味を産み出すこの単語。

一度聴いたら忘れられないので、ある意味英語学習者にはありがたい言葉。

さて、一体どういう意味なのでしょうか?

wishy-washy

wishy-washyの意味

まずは、僕が愛用しているオックスフォード辞書(Paperback Oxford English Dictionary 7/E)から見ていきましょう!留学やワーホリ前に英英辞書が一冊あると便利ですね。ペーパーバックもあるのは嬉しい。

wishy-washy:

  1. (of drink or liquid food) weak; watery
  2. feeble or insipid in quality or character

おぉ。意味分かりましたか?

1つ目の意味は、分かりますよね。

「(飲み物などが)水っぽい」「薄い」っていう意味です。

今までコーヒーの味が薄いって伝えるのに、weakを使っていた人は置き換えれますね。

他にも色が薄いという意味もあるそうです。

2つ目の意味は、英英辞書に使われる単語が分からなくて、僕も分かりませんでした。

feebleは、「弱った」「力のない」という意味で、insipidは、「(食品が)味のない」「(人・音楽などが)無味乾燥な」という意味だそうです(参照:WISDOM辞書)。

ということで、「(態度などが)優柔不断」という意味だそうです。

日本人は、優柔不断な人が多いので、日常会話で使えそうですね。

wishy-washyの例文

Tom is a wishy-washy boss who can’t decide what to do.

トムは何をすべきか決められない優柔不断な上司です。

Tom is always wishy washy about our plans to travel around Australia, so I assume he is unwilling to go to trip with us.

トムはオーストラリア旅行の計画についていつも曖昧です。彼は私たちと旅行に行く意思がないのでしょう。

His response was wishy-washy.

彼の回答は曖昧だった。

まとめ

wishy-washyはどうやら、wishとかwashの要素はないようで、それが語源となっているわけではないようです。washが洗うだから、水で洗うってことで、「水っぽい」という意味はこじつけれそうですが。

ちなみに英語には他にも、「~y-~y」という表現があります。

namby-pambyとかは、「なよなよした人」「ひよわな人」という意味(参照:WISDOM辞書)。

語彙が増えてっくって楽しいっすね!

[関連記事]

【かっこいい英語表現】What are you after?の英語の意味。レストランや駅でよく聞くこのフレーズ。

【かっこいい英語表現】hit you upの意味

【かっこいい英語表現】screw upの意味!まだmake a mistakeで消耗しているの?

ということで、早速wishy-washyをハウスメートとかにドヤ顔で使ってみましょう。

トップへ戻る