【保存版】ワーホリ後の就活/転職/海外就職/仕事探しについて本気でアドバイス!ワーキングホリデー後の人生(キャリア)はどうする?

「ワーホリ後、俺の人生どうなる?」

そんな不安や悩みは誰もが持つはずです。

ワーホリ最大のマーケットであるオーストラリアで最大のコミュニティを運営する僕(@famzau)が、ワーホリで来る人、去る人を見てきた豊富な経験から、ワーホリ後の就活や仕事探しについて本気で考え抜いたので、役立つ情報を提供したいと思います。

どんな人生を送りたい?

これからワーホリに行く人、現在ワーホリ中の人、既にワーホリを終えた人がいると思います。

それぞれ、色んな想いを馳せてワーホリに挑んだと思います。

  • 憧れの海外生活、ビーチの写真をインスタにUPするキラキラ人生
  • 海外で過ごすことで自分の人生を変えたい
  • 英語を学びグローバル人材になる
  • 日本が嫌になった、人生に疲れた
  • 外人と結婚してそのまま海外移住

理由は、なんでもいいです。上記の理由全てかもしれません。

それで、どんな人生を送りたいですか?何がしたいですか?

一口にワーホリと言っても色んなパターンがあると思うので、タイプ別にアドバイスを考えてみました。

タイプ① 海外就職してグローバルに活躍する!

ワーホリで英語力や海外での経験をせっかく身に着けたんだから、そのまま海外で働いてグローバルに活躍するという選択肢があります。

たいしたスキルもないし、仕事で使えるほどの英語力でもないと諦めていませんか?

大丈夫です。世の中には海外の現地法人の採用として、特筆すべきスキルや英語力がなくても海外で働く方法があります。

極論を言えば、スキルや英語力がなくてもコールセンター/オペレーターとして海外で働くことができます。

もちろん日常会話レベルの英語力やコミュニケーション能力があれば、営業職としても働くチャンスはたくさんあります。

欧米で働くのはハードルが高いですが、アジアであれば多くの求人があります。

【現在日本にいる方】⇒①日本最大の求人情報サイトリクナビNEXTに登録して海外求人チェック、②海外就職に強いJAC Recruitmentへ登録してキャリア相談

【現在海外にいる方】⇒①日本最大の求人情報サイトリクナビNEXTに登録して海外求人チェック

タイプ② 日本にいながら海外と関わる仕事をする!

ワーホリ後にいきなり海外で働くのはハードルが高いという人もいるはず。

日本に親や恋人がいたり、友達も日本に多く生活もしやすい日本にいたい。でも、海外に興味はあるという人は、日本で海外と関わる仕事を探しましょう。

海外営業や、貿易実務で海外と関わったり、海外出張の多い仕事が日本にはたくさんあります。

ただ、基本的にワーホリ経験は就活においてあまり評価されることがないので、以下記事も合わせて読んでみましょう。

【現在日本にいる方】⇒①日本最大の求人情報サイトリクナビNEXTに登録して海外求人チェック、②海外就職に強いJAC Recruitmentか、相談後からの就職率が高いDYM就職へ登録。

【現在海外にいる方】⇒①日本最大の求人情報サイトリクナビNEXTに登録して海外求人チェック

タイプ③ フリーランスとして働き、自由な働き方を目指す!

最近人気があるのが、フリーランスとして働く働き方。

ワーホリに行く人は日本人との人間関係が苦手な人も多いはず。組織で働くのが苦手な人もワーホリに行く人だと多いですよね。

好きな場所で自由に働きたいという憧れは多くの人が持っている普通の欲望です。

ただ、実際に海外でフリーランスとして働くとなったら、物理的に職場に行かない以上、働ける職種は自然と決まってきます。1つはIT/WEB系の仕事に就くこと。

プログラミングなどを学びながらスキルを身に着けてから仕事を探すのも1つの方法だと思いますが、個人的にはもっと良い道があると思っています。

それは、未経験でも応募可能なIT/WEB系の仕事で働くという手段です。お金をもらいながら学ぶという方法が最善だと思います。

企業にとっても従業員の教育というのは重要なので、仕事を色々教えてくれます。従業員は給料をもらうと同時にスキルを身に着けることができます。

いきなりフリーランスとしてIT/WEB系の何の保証もない業界に飛び込むより、企業で経験を積むことは、いざフリーランスになったときの実績にもなりますし、キャリアに箔が付くと思います。

【現在日本にいる方】⇒①Tech Academyで、プログラミング/WEBマーケ/WEBデザインなどを学ぶ。②日本最大の求人情報サイトリクナビNEXTに登録して海外求人チェック、相談後からの就職率が高いDYM就職へ登録及び海外就職に強いJAC Recruitmentへ登録してキャリア相談

【現在海外にいる方】⇒①Tech Academyで、プログラミング/WEBマーケ/WEBデザインなどを学ぶ。
日本最大の求人情報サイトリクナビNEXTに登録して海外求人チェック

タイプ④ 外人と結婚して、海外移住してしまう!

周囲からは戦略結婚だと思われてしまうが、1つの手段としてあるのが外国人と結婚してしまい永住権をGETして海外移住するという方法。

男性には中々ハードルが高い方法ですが、不可能ではない。日本に今いる人も全手段を駆使すれば外国人と出会って、結婚する努力はすべきだと思います。

ワーホリ前、ワーホリ後どちらでも良いですが、外国人との出会いを最大限に広げましょう。

手っ取り早くみんな使っているマッチ・ドットコムに登録して、外国人の友達からサクッと探しましょう。

タイプ⑤ 何をしたいか分からない!

自分探しにワーホリにきてみたけど、結局なにがしたいか分からないという人も多いはず。

その点について深堀したい人は後で以下の記事を読んでみて下さい。

何をしたいか分からないという人には2つの解決方法を提案します。

① キャリアコンサルタントに相談して、他人に解決してもらう。

先ほどから出てきているJAC RecruitmentDYM就職は簡単に無料で登録できて、キャリアの相談も全部無料でしてもらえます。数分で登録が終わるので、まずは一歩踏み出してみましょう。

② 実際の求人をチラ見する

同じくリクナビNEXTに登録して実際の求人を見てみるのも1つの手段です。

というのも、やりたいことが分からないという人でも、「多国籍のグローバルチームで社会にインパクトを与える仕事です」だとか具体的な求人を見るとピンとくることってあると思うんです。

それが、あなたのやりたいことなのではないでしょうか?

まとめ

ということで、ワーホリ後にどうしようと考えている人は多いと思いますが、上のように選択肢を与えられると結構ラクになってきたのではないでしょうか。

結論、一番大事なのは行動力です。どんどん失敗して経験値高めて、次にmove onしていけば良いのです。

例えば、さっきから良く紹介していたリクナビNEXT

僕は会員登録しているのですが、ちょっと調べていると海外求人が60件もありました(上記写真参照)。

北米や東南アジア、ヨーロッパ、オーストラリアなどでも人材を探しているのですね。中には誰でもできるような仕事もあるので、登録して一度見てみて下さい。

この無料で3分くらいで完了する行動をできるかできないかで、既に人生を変える勝負は始まっていると思いますよ。

ということで、ワーホリ後の就活/転職/海外就職/仕事探しで重要なのは、フットワークの軽い行動力です!

迷っている暇はない!リクナビNEXTへGO!

[参考記事]

トップへ戻る