港区女子必見の雑誌『東京カレンダー』がくだらない!ありえないし、嘘臭いからギャグとして東カレはおかしくて最高!

海外からKindle Unlimitedの30日無料体験で色んな雑誌やら漫画を読み漁って日本の情報をキャッチしております!

もう有名ですが、港区女子向けの雑誌『東京カレンダー』も無料で読み放題の対象になっていたのでこの機会に読んでみました。

Twitterではギャグとして良く東カレはでてきますが、本当にくだらなくてギャグだらけで、凄い世界観だなと思った感想を綴ります。

Twitterでの東カレ関係のネタ

そもそも東京カレンダーを運営する会社とは?

社名 東京カレンダー株式会社 (Tokyo Calendar Inc.)
本社 〒141-0032
東京都品川区大崎1-2-2
アートヴィレッジ大崎セントラルタワー14F(受付15F)
連絡先 TEL : 03-5740-5839 (受付時間 10:00~19:00)
FAX : 03-3492-7880
資本金 5,000万円
役員 代表取締役    菅野 祐介
取締役      金丸 恭文
取締役      竹本 陽子
取締役      大久保 賢友
取締役      森 優子
監査役      中島 由彦
沿革
2001年10月 株式会社ACCESSの子会社である株式会社アクセス・パブリッシングより、月刊誌「東京カレンダー」を創刊
2012年 1月 フューチャーアーキテクト株式会社にて事業を承継し
「東京カレンダー株式会社」を設立
2014年10月 月刊誌「東京カレンダー」をより豊かで刺激的な
“グルメライフスタイル”誌としてリニューアル
2015年 2月 東京カレンダーWEBをリニューアル
2018年 4月 マッチアラーム社を吸収合併し、経営統合
株主 フューチャーインベストメント株式会社 100.0%
事業内容 月刊誌・書籍のパブリッシング事業
インターネット上でのメディア事業
イベント企画・運営事業
イーコマース事業
オウンドメディア運営事業
メニュー・商品開発事業
システムソリューション販売事業

(参考:東京カレンダー株式会社ウェブサイト ※2019年8月現在)

マッチアラーム社を買収して「東カレデート」というマッチングアプリ事業を始めたり、最近はYoutubeやドラマと事業を拡大しています。

東京カレンダーが作り出す世界観がありえない!?

「港区女子」や「港区おじさん」を産み出してきた東京カレンダーですが、年収1,000万円くらいの人々のキラキラ生活を彷彿とさせる世界観を表しています。

完全に拝金主義のドロドロした世界で、雑誌を読むと大体白いショートパンツを履いた金持ちそうな髭をはやしたおじさんか、明るいストライプの入ったネイビー色のスーツを着た商社マンみたいな若者が出てきます。

女性は、スタイルの良いモデル級の方々が(おっぱいは必ず大きい)、OLファッションで東京の高層ビル街を歩いています。

レストランは、やたら肉やらウニが出てきます。1人2-3万円くらいはするでしょうね。

雑誌を読むとクルーザーに乗ってパーティーしていて楽しそう。

住まいは大体タワマンです。

良く出てくる言葉は「一つ上の~」、「大人の~」とかです。

広告は大体、時計、レストラン、シャンパン。

平気でクルーザーとかの話も出てきて笑えます。

日本には年収1,000万円の人は6%いるそうですが、おそらく年収1,000万円でこのデートコースめぐるのはギリギリじゃないですかね。

本当にこんな生活はありえないと思うばかりです。

出会い系アプリ「東カレデート」はエグイ!評判はいかに?

マッチングアプリの会社を買収して、東京カレンダー株式会社は出会い系マッチングアプリ「東カレデート」を運営しています。

男女どちらでも利用している人は意外にいます。

女性は完全に金持ちの男性目当て!でも要旨のレベルは高い。

男性は経営者か、外資系金融マン、商社マンあたりのガチな金持ちで、女性を複数かこっている方々。

けっこうマジな金持ちの男がいるし、女性は容姿端麗な人が比較的多いので、ニーズは合致しているようです。

女性は遊ばれていると知っていて、「チャラいチャラい」と言いながらも内心はお金持ちと結婚したいと思っていて登録。

男性は完全に遊びでお金に釣られやすい見た目の良い女性を探す。既婚の男性も多め。

という絵に描いたような世界のアプリなんですが、地味に登録している人が多い印象。

男性目線からアドバイスすると、ヘタに年収600~800万円くらいに人は踏み込まない方がいいと思います。

見た目いいので、最初の一回くらいのデートはなんとかなるが、食事とか全部男持ちで高級な店にいかないといけず、その後お財布的に続かないです。

たぶん経営者とかじゃないと無理。

女性は女性で遊ばれる覚悟でデートに行った方がいいでしょう。効率よくお金持ちの男性と出会えると思いますが、完全なone of themです。

東京カレンダーはYoutubeやドラマまである!ローランドも出てくる!

雑誌やウェブマガジン、マッチングアプリに留まらず、動画や映画、ドラマにもなるほどビジネスが拡大されています。

港区おじさんのタクシー代を2万円渡して、他の金持ち男性とのデートに参加している姿はエグイ。

そんな拝金主義の世界をのぞきたい方は、Kindle Unlimitedの30日無料体験に登録して雑誌を流し読みしてみて下さい。

トップへ戻る