【経験談】ニュージーランドで転職・就職する方法!求人を見つけるおすすめエージェントを紹介!

ニュージーランドで働きたい!

そんな人の要望を叶えるべく、お隣の国オーストラリア在住で、過去にニュージーランドで転職活動して内定をもらったことがある私がニュージーランドで転職・就職を成功させる方法を無料で教えちゃいます。

ニュージーランドで働ける業種

まず、ニュージーランドで働ける業種についてですが、分かりやすいのが日本とニュージーランドの貿易の状況を見ること。

2016年のニュージーランド統計局調査

(1)NZからの輸出
酪農製品(25.2%),食肉(14.2%),木材(10.3%)
(2)NZへの輸入
機械類(21.8%),自動車(13.6%),鉱物燃料(8.6%)

このようにニュージーランドは酪農製品や食肉を日本へ輸出して、逆に日本から機械類や自動車を買っているのですね。

つまり働ける業種としては、

  • 自動車業界(中古車など)
  • 食品業界(主に酪農や食肉)
  • 資源業界(鉱物や木材)

が多くなります。

ここら辺の全体間をまずはおさえておきましょう。

ニュージーランドで働ける職種

職種でいうと就きやすいのが、誰でもできてあまりステータスが高くない以下のような職種となります。

  • ツアーコンダクター
  • 旅行会社
  • ホテルでの清掃員
  • 留学エージェント
  • 飲食店(日本食レストラン)

特別なスキルが必要ないので働ける機会も多くあるのですが、プロフェッショナルとしてきちんとしたキャリアを積みたいという人にはあまり向いていません。

一方、比較的ハイキャリアと呼ばれるような職種もあります。

  • 会計事務所
  • 銀行
  • 自動車整備士
  • 貿易会社
  • 総合商社

このあたりの上記で述べた業種であればニュージーランドでも働けるチャンスがあります。自動車整備士はハイキャリアという職業ではないですが、ニュージーランドは90%程度の中古車を日本から輸入しているので、自動車整備士のニーズがあるのです。

手に職をつけた専門職というイメージですね。職人です。

会計士事務所や経理財務のポジションは、ニュージーランドの大学や大学院でアカウンティングを専攻して、在学中の人脈などを辿ってその職に就くのが王道の就職方法です。

あとは、食肉を扱う商社や資源を扱う総合商社などにも駐在員として働ける機会がまれにあります。

ニュージーランドでの仕事の探し方

ニュージーランドで働く方法はいくつかあると思いますが、ここでは主な3つを紹介。

一番のおすすめは、最後にある、コストと時間がかからないエージェントに登録して転職・就職する方法。

1. ワーホリから永住を目指す

30歳以下の方であれば、ニュージーランドでは1年間ワーキングホリデーで働きながら滞在することができます。

その2年間で働いていた先の飲食店や一般企業がビザのスポンサーとなってそのままニュージーランドで働いたというケースをときどき聞くことがあります。

ただ、ビザのスポンサーを餌に法定賃金以下で働かせるレストランや会社があるのでそういったケースには気を付けましょう。

他には特別なスキルやコネがなくて就職・移住したければニュージーランド人と結婚してしまうという人もいます。

結局移住している人を見ると結婚が最安で最短で最多の方法のように思えてしまします。ただ残念ながらこれができるのがほとんど女性というのが現状です。

2. 大学または大学院から就職を目指す

コストと時間がかなりかかりますが、ニュージーランドの大学や大学院に入学してそこから就職するという方法もあります。

会計学を専攻して会計事務所あたりを狙うのがよくある方法です。会計事務所や経理財務のポジションは細々と安定的に需要があります。

現地の会社に現地採用として就職と考える人もいるかもしれませんが、かなりハードルが高いです。

なぜなら、そのポジションを狙っているのは日本人だけでなく、インド人や東南アジアの人たちも狙っていて、現地のジョブフェア(就職説明会)にいくと、必ず条件となっているのは「永住権保持者」。留学生は門前払いです。しかも、求められる英語力はネイティブレベル。

日系企業なら日本人を雇うメリットがありますが、外資系(非日系)への就職はほぼ不可能というほど厳しいでしょう。

3. エージェントを利用して転職・就職する

ワーホリもせず、大学にも行かずに直接転職・就職するのがこの記事のメインコンテンツ。転職には現地エージェントを使うのが常識ですが、オーストラリアには求人の少なさから現地エージェントがありません。

なので、使うのは日本にある転職エージェントか転職ウェブサイトになります。僕の実際に登録したことがあって良かったエージェントが以下。無料で登録できて、5分くらいで登録は終わります。

外資系企業や海外への転職に強いのがJAC Recruitment!日本ではリクルートが有名ですが、海外での転職となると、人材紹介を専業でやっているJACが多くの非公開求人を持っています。

東京証券取引所に上場している人材紹介エージェントなので安心です。

求人情報は企業の極秘事業や海外展開戦略などがライバルに知られてしまうため一般公開されていないことがほとんどです。

就職・転職相談からの就職率が96%のDYM就職も同じくらいおすすめできます。

既卒・第二新卒・フリーター・ニートの人でもOKです。

100%正社員求人で、書類選考スキップで最短1週間で入社も可能なのでスピード重視の人は登録した方が合わせて良いと思います。

無料で登録してキャリアの相談できます。

1サイトではなく、2~3サイトに登録すべき理由

上記で2つのおすすめサイトを紹介しましたが、なぜ両サイトに登録すべきかについて説明します。

  • 求人案件の網羅性(どちらかのエージェントには求人があって、もう一方にはないことは多々あります。多くの求人をカバーしましょう。)
  • コンサルタントの(担当コンサルタントは良い悪いがあります。2サイト登録しておけば、良いコンサルタントに当たる確率が上がります。サービスの特徴も異なります。)
  • 2サイトに登録しても無料(いくつのエージェントに登録しようと費用はかかりません。なので、躊躇わずどちらのエージェントにも登録することをおすすめします。)

以上になります。ニュージーランドの転職を決めていなくても、相談段階から無料登録することもできるので、

1. JAC Recruitment【海外求人なら特におすすめ】

2. DYM就職

の2サイトには迷わず登録しましょう。

エージェントによってある求人とない求人があるので、網羅するためにも2~3社のエージェントかウェブサイトには登録するのがポイントです。

おすすめは、まず海外転職に強いJAC Recruitmentに登録。ニュージーランドにいたとしても電話などで無料で海外就職の相談ができます。

他にも起業しやすい国ランキングで1位に輝いた国ニュージーランドで自分でビジネスを始めることも可能性としてはあると思いますが、失敗の可能性もあるので、一回エージェントに登録して働いてみて現地で起業の可能性を探るのが安全で現実的かと思われます。

トップへ戻る