【オーストラリア在住者が携帯会社を徹底比較】SIMカードは絶対この通信キャリアがおすすめ!格安プリペイド情報も!

telecom29

オーストラリアの携帯選びで損してませんか?間違った通信会社を選ぶとオーストラリアでは本当に損してしまいます。

例えばオーストラリアの3大キャリア(テルストラ、オプタス、ボーダフォン)は店舗サービスは受けれらますが高いです。オーストラリアで携帯会社選ぶなら間違いなく格安キャリア(後に紹介)です。

ただ、初めてオーストラリアに来た人はどこの携帯キャリアのSIMカードを買えばオトクなのか分からないはずなので、オーストラリア在住の私が一番おすすめの携帯会社(日本で言う、Docomo、au、softbankなど)を徹底的に比較して、最も安くて便利なキャリアを教えちゃいます。

そもそもオーストラリアには、

  • Telstra (テルストラ)
  • Oputus (オプタス)
  • Vodafone (ボーダフォン)

という3大通信会社があります。

しかし、他のウェブサイトには、

  • オーストラリアの3大通信会社以外の情報がない(格安キャリアが最も安い)
  • 3大通信会社の特典情報がない(映画館割引やSpotifyで音楽無料聞き放題など)
  • マーケットシェアや親会社情報がない

などの不足情報が多すぎます。「誰か徹底比較してまとめてくれたらなぁ」と前々から思っていたので、自分でサクッとまとめちゃいました。

オーストラリア在住者でも携帯代に月$30以上払っていませんか?僕は今まで4つの携帯会社を転々としまして、最終的に今では月$18しか払っていません。格安SIMのおかげで大体半額になりました通信環境もめちゃめちゃ快適です。実はもっと安いオプションもあるので下で紹介します。

ワーホリの方も間違ったプリペイドSIM選んで損してませんか?3大通信会社を使っている時点で損していますよ。もっと節約できます。

ということで、早速オーストラリアのおすすめ携帯会社を見て行きましょう!!!有料で伝授したいくらいですが、無料で公開しちゃいます。

オーストラリアの3大通信会社

冒頭でも触れましたが、日本に3大通信会社(Docomo、au、softbank)があるように、オーストラリアにも3大通信会社があります。

まずは、基本事項として3大通信会社を理解し、それぞれの特徴を掴んでいきましょう。

実際の携帯料金の比較はそのあとで。

Telstra(テルストラ)

telecom20

テルストラは、もともと国営で2005年に完全民営化された会社。日本でいうNTTドコモです。2014年のマーケットシェアが45.2%オーストラリアで一番よく使われているキャリアです。

ですので、日本同様に電話ボックスやマンホールなどにテルストラの文字がよく散見されます。電波が安定していて通信品質がいいので法人契約も最多です。

電波の状況が一番いいということで、ワーホリの方はファームのような田舎で働くのに最適だと勘違いする人も多いですが、僕の経験からはっきり言うと、どのキャリアもファームで使えます。

OPTUS(オプタス)

telecom22

オーストラリア第2の通信会社オプタス。2014年のマーケットシェアが19.3%と2番目に高く、ワーホリや学生の間で一番よく使われているキャリアです。

ワーホリや学生の間でよく使われているということが、どういうことを意味するかというと、3大キャリアの中では安く電波の状況がいいということです。日本でいうauのような存在です。

そして、オプタス同士の通話とテキストメッセージが無料です。となると、ワーホリで一番よく連絡する人は同じワーホリの友達になると思うので、この無料サービスが生きてくるわけです。

僕も以前オプタスを使っていました。通信環境もよく、たいへん満足でした。

しかも、最近始まったサービスですが、なんとSpotify、Google Play Music、PANDORAなどの音楽ストリーミングの通信料無料!!分かりやすく言うと、音楽が無料でネットから流せるってことです。さらにこのサービス、長期契約プランだけじゃなくプリペイドSIMでも無料で使えるという太っ腹。

音楽に強いというところもauとそっくり。これで友達のとパーティーやドライブなどで、通信料を気にせずガンガン音楽流せますね。

ただし、僕は現在オプタスから別の格安携帯会社に変えました。この理由も後に説明します。

ちなみにこのオプタスという会社、シンガポール最大の通信会社シンガポール・テレコム(Singtel)が完全子会社化しています。なので正式な会社名は、Singtel Optus Pty Limited。シンガポールの会社がオーストラリアで通信サービスを提供しています。あとから出てくるVirgin Mobile Australiaも傘下にあります。

Vodafone(ボーダフォン)

telecom23

オーストラリア第三のキャリア、ボーダフォン。実は僕がオーストラリアに初めて来たときに使っていたのがボーダフォン。

なぜかというと、ボーダフォンで働いている友人がいて、最初にかかるSIMカード代を無料にしてくれるからという理由です。

その友達のネットワークでたまたま周りにボーダフォンを使っている友人も多く、オプタス同様にボーダフォン同士の通話とテキストメッセージが無料だったので、何も考えずボーダフォンにしました。

使った経験から言うと、電波の状況や使い勝手に問題はないですが、なんせ周りに使っている人が少なすぎる。寂しかったです。最初に入ったグループがたまたまボーダフォンを使っていただけで、友達が増えるに連れてマイナーグループだったことに気づきました。

なので、ボーダフォンは携帯会社選びの選択肢に入らないでしょう。

ちなみに、オーストラリアのボーダフォンは、Vodafone Hutchison Australia (VHA) という会社によって運営されており、CK Hutchison Holdings(50%)とVodafone(50%)のジョイントベンチャーになっています。

日本のソフトバンクが、2006年にボーダフォンの日本法人を買収して成長しましたが、オーストラリアマーケットではうまくいっていないようです。



オーストラリア3大通信キャリア料金比較

さて、紹介したオーストラリアの3大通信キャリアですが、どこのキャリアの携帯代が安いか比較していきたいと思います。

持参(or 購入)したSIMフリー携帯にプリペイドSIMカードを利用する場合で想定しています。利用分だけデータを買って、都度チャージしていくことになります。

他にも12カ月や24カ月縛りプランを契約することもできますが、どのみち以下の比較結果はほとんど変わらないです。

では、金額や特典などを見ていきましょう。

テルストラのプリペイド料金

telecom7

テルストラのプランの特徴は、一見$30で3GB使えるようの見えますが、半分の1.5GBはナイトデータといって、8pm-8amの間に使えるデータなので要注意。

他にもアップルミュージックの音楽ストリーミングが無料ということや、EVENTシネマで割引が受けられます。

オプタスのプリペイド料金

telecom8

オプタスは$30で時間帯の制限がなく3GB使えるので、3大キャリアの中で一番安いです。

しかも、先ほど触れた最近始まったサービスで、Spotify、Google Play Music、PANDORAなどの音楽ストリーミングの通信料がプリペイドプランでも無料!音楽聞き放題!これは若者には最高のサービスですね。

ボーダフォンのプリペイド料金

telecom6

ボーダフォンははっきり言って高い。$30で2GBしか使えないです。

本当にこのキャリアを使う人は、学生やワーホリの日本人や外国人の間ではまれです。



3大キャリアのプリペイドプランのまとめ

telecom9

まとめると、プリペイドプランならオプタスが一番安いです。上の表を見て頂ければ分かりますが、テルストラも同じ1GB当たりの料金は同じですが、時間帯の制限があります。

データの有効期限はどの携帯会社も28日間です。

さらには、オプタスは他のサービスも充実していたり、ワーホリや学生で使用しいる人が多いので友人に使い方を聞けたりと便利

3大通信会社の中では迷わずオプタスのプリペイドSIMとなります!もっともっと通信費を安く抑えて損したくない方は、以下に続く格安キャリアについてもじっくり読んで下さい。

SIMカード自体(格安SIMも)は空港、スーパー、コンビニ、携帯会社でもどこでも売っています。




オーストラリアの格安通信会社

その3大キャリアよりさらに安いのが、格安通信会社。オーストラリアも日本同様に通信料が安い格安SIMと言われるMVNOがあります。

日本の格安SIMといえば、楽天モバイル、イオンモバイル、Y!Mobile、DMMモバイル、最近では、LINEが無料のLINEモバイルなんていうのも誕生しましたね。月額475円だとか、月額料金が500円前後と大変オトクですね。

オーストラリアも同じように格安通信キャリアが、たくさん存在します。僕はこの内の1つを使っていて、全く問題なく使えております。

携帯代って1ヵ月で見たらそんなに高くないですが、毎月かかる固定費なのでボディーブローのようにジワジワお財布に効いてきます。お金を節約したいワーホリの人にとっては、携帯キャリア選びは非常に重要なことですので慎重に選びましょう。

では、そもそもなんで3大キャリアと違って安い通信料が可能なのかという話ですが、簡単に言うと、3大キャリアの通信設備や基地局を使って店舗も持たずにコストカットに徹底しているからです。

なので、3大キャリアのように街中に店舗が基本的にはありません。インターネットで申し込んだり、スーパーや電気屋の携帯コーナーでSIMカードを購入します。空港にも格安SIMは売ってます。

お店の人と会話しながら分からないところを聞いたり、サービスを受けたいという人には向いてません。英語できない人なんかは逆にメール対応の方がリスニングスキルを問われないので好きっていう人もいますが。

ただし、キャリアの店舗って実際行くことってほとんどないです。というか、通信問題が起きることがそもそも滅多にないですよね。

しかも、なにかあったら格安キャリアも電話やメールで対応してくれます。店舗で対面サービスがないだけで、電話やメールやチャットで質問に答えてくれます。3大キャリアを使うメリットが僕は全くなかったので、格安キャリアにすぐ変えました。

もうかれこれ2年くらい格安キャリアにお世話になっていますが、通信状態も3大キャリアと同じなので困ったことは一度もないです。

ということで、私も今使っているオーストラリアの格安キャリアについて、どれが一番おすすめなのかしっかり比較していきましょう。

telecom16

VAYA(バヤ)

VAYAは、僕が現在使っている格安キャリアです。なぜこのキャリアを使っているかって?それは、中国人のめちゃくちゃケチな友達が中国語サイトで徹底比較して、この通信キャリアを選んでいたからです。

こういった情報って安いサービスを日々追及している中国人ネットワークの情報の方が正確なことがあります。

VAYAはOptusの回線を利用しているので、ブリスベンに住んだり少し遠出しても電波に困ったことはないです。ファームでも使えてました。

ちなみにVAYAはプリペイドではなく、月々自動で引き落としされるプランとなっています。なのでスーパーなどでSIMカードは売っていないです。ネットでのデリバリーとなります。配送料も基本的にかからないし、すぐに届くので手続きは簡単です。

ちなみに本社はブリスベン。コールセンターに電話を掛けるとつながるのはインドです。アプリでデータの利用状況なんかもチェックできるし、データが50%や85%使われるごとにメッセージをくれるのが嬉しい。

telecom1

Yomojo(ヨモージョ)

続いて、プランを自分でカスタマイズできることが特徴の格安キャリアYomojo!

もともとはYatangoという名前でしたが、2015年末の買収を機にYomojoという名前に変わりました。

サービスですが、下の画面のように、ボタンを左右にスクロールすることで、自分にあった最適なプランが作れます。自分の生活に合わせて無駄なく利用できるのがポイント。

telecom11

Yomojoのトップページに出てくるSMSなど無制限のプランが以下。

2GBで$19.90は、さきほどのVAYAが同じデータ容量で$22だったので、それより安い!

回線はVAYA同様にOptusのネットワークを使っているので安心。

telecom10

また、Yomojoは、VAYA同様にインターネットでSIMカードを購入するシステムなので、スーパーやコンビニにはSIMカードは販売していないので注意。ネットで注文しデリバリーしてもらいましょう。

boost(ブースト)

スーパーなどのプリペイドSIMカード売り場で存在感を示すブーストモバイル。

$10という低価格もありますが、これは7日間で有効期限が切れてしまうので注意。実際は、$30で7GBからのプランが現実的。

月に1-2GBくらいを使いたいっていう人向けのプランがないのが残念です。$30からっていうと僕には少しハードルが高そう。

あと、地味に注目してほしいのが、さきほどのYomojoは30日間有効ですが、boostは28日間と有効期間が少し短い。

ネットワークは人気のTelstraです。スーパーなどのお店で手軽にSIMカードを買えるのも、ネット注文しなくていいので便利。

telecom12

Coles Mobile(コールスモバイル)

オーストラリアの2大スーパーの1つColesが販売するプリペイドSIMカード。なんと言ってもシンプルなプランがわかりやすい。

telecom13

「$10で1GBを10日間使えます!」というのが一番左のプラン。10日間なので短いですが、1という数字の連続で分かりやすい。

次にオファーされているのも「$20で2GBを28日間」使えるというプラン。ここら辺からが有効期間的には現実的なプラン。ただ、Yomojoなら「$19.9で2GBを30日間」使えるので、Coles Mobileは選択肢にあがらないでしょう。

回線はOptusなので、電波の状態はいいと思います。

Woolworths mobile(ウルワースモバイル)

もちろん、オーストラリアの2大スーパーのもう1つWoolworthsもプリペイドSIMカードを販売しています。スターターパックはもう少しお得ですが、基本的には以下のようなプラン。

telecom14

「$20で2GBを28日間」のColesと比べて、「$30で3GBを30日間」のWoolworthsの方がオトクですね。しかも10% Woolworths Rewards Discountも適用されます。

「3GBもいらない!でもデータが少なすぎるのもやだ!」という人には、Colesを選ぶ意味があると思いますが、単価で言ったらWoolworthsの方が安いです。

telecom15

amaysim(アメイサム)

2010年に登場したamaysim。Optus回線を使うこの会社ですが、下の表を見て分かる通り、格安キャリアなのに他社に比べて高い!ってことで、スキップ。

telecom17

lebara(レバラ)

ヨーロッパ発で世界中に展開する格安キャリアlebara。

結論から言うと、「$30で7GBを28日間」も使えちゃうboostなんかと比べると、「$29.90で5GBを30日間」しか使えないlebaraは少し見劣りしちゃいます。

ネットワークは珍しくボーダフォンの電波を使っています。これも論外ですね。

telecom18

Virgin Mobile(ヴァージンモバイル)

最後に紹介したいのがVirgin Mobileです!

このVirgin Mobileの位置づけが難しい。だって、格安キャリアなんだけど店舗がちらほら町にあるから。

telecom26

プリペイドSIMのプランはどうかというと、下の表のようになっています。

telecom19

MOST POPULARと書かれているプランで、「$29で2GBを28日間」となっていますが、Optusなんかのプラン「$30で3GBを28日間」にすら負けている!

そもそも、Virgin Mobileですが、2006年にOptusに買収されていますw

しかも、メディアからインターネット接続の不具合やカスタマーサービスで90分も待たされるなど評価も悪い。

Virgin Mobileは一見有名ブランドなので安そうですが、このキャリアを使うメリットはなにもないでしょう。選ばないように気を付けて下さい。

格安キャリアのプリペイドプランのまとめ

長々と格安キャリアを分析していきましたが、いったいどれがオトクなの?っていうことで、最後にまとめます。

telecom28

結論からいうと、

  • 月に1~2GBのデータを使い、$10-20払いたい人は、Yomojo
  • 月に7~9GBのデータを使い、$30-40払いたい人は、boost
  • 大手キャリアで店舗説明を受けたいという人は、Optus

こういった感じですね。

もちろん、プランの金額が上がるほど1GBあたりの料金は下がります。

有効期限がYomojoが30日で、boostが28日ということを考えると、トータルではYomojoが一番いいです。YomojoはOptus回線で、boostはTelstraだぞ!という人がいるかもしれませんが、はっきり言って電波の状況はほとんど変わりません。シドニーやブリスベンの都市ではもちろんどれも一緒です。

ということで、Yomojoが一番オトクということが分かったので、どこかのタイミングでVAYAからYomojoに変えようかな。といっても既に格安携帯会社を使っていて、月に数ドルの違いなのでインパクトは小さいですが。

また、キャリアを変えるには日本と同様に今まで使っていた携帯番号をそのまま引き継げるのでご安心を。ナンバーポータビリティってやつですね。

さて、どれくらいのデータを使うか分からないという人もいるかと思いますが、僕は普段からネットで軽く調べものしたり、LINEしたり、SNS(FacebookやTwitter)見るくらいなので、月に1.5~2GBあれば十分足ります。動画を見たり音楽や本をダウンロードするときは、家や公共施設のWIFIを使うので、これくらいの容量で収まります。

もっとストレスなくデータを湯水のごとくジャブジャブ使いたい人は、7~9GBくらいのプランがいいですね!

ということで以上、携帯キャリア会社の総まとめでした。

もう一度繰り返します!

  • 月に1~2GBのデータを使い、$10-20払いたい人は、Yomojo
  • 月に7~9GBのデータを使い、$30-40払いたい人は、boost
  • 大手キャリアで店舗説明を受けたいという人は、Optus

※上記に上げた金額は、時間の経過とともに変更される場合がございます。また各会社のキャンペーンなどによっても優劣が変わります。携帯会社選びは自己責任でお願い致します。

[関連記事]

【オーストラリアの銀行を徹底比較】銀行口座は絶対ここで開設!日本人へおすすめのメガバンクは?

【海外副業】実践!ランサーズ(lancers)で超簡単な仕事で稼いでみた!未来の働き方を体験!



コメント

  1. より:

    はじめまして!
    昨日からワーホリできて、1,2年滞在予定です!
    今日、オプタスの契約をしました!
    キャンペーンみたいなので
    1ヶ月40ドルで12GB使え、国際電話300分無料、国内電話は無料のプランです!

    Googleplay musicも無料みたいなんですが、聞き方がわからないんですが、もし知っていれば教えてもらえませんか?
    英語があまりできず、苦戦してます。

トップへ戻る