【英語】get back to youの意味!「追って(後ほど)ご連絡致します」というビジネス英語の表現!

日本語のビジネスメールで「追ってご連絡致します」という表現が良く使われると思うが、英語だとどのように表現するか分かりやすく説明しようと思う。

丁寧な表現やカジュアルな表現が多くあるので、あらゆる角度から見ていこうと思う。

良く使われるget back to you

to talk to someone again, usually on the phone, in order to give them some information or because you were not able to speak to them before

(ケンブリッジ・ディクショナリー)

辞書にあるように、「get back to you」がビジネスメールでも電話でも良く使われるフレーズである。

「再び誰かと何かの情報を与えるために話す」という意味で、直訳すると「あなたのところに戻ってきますね」という意味である。

ビジネスでも良く使われ、日本語で言うと「追ってご連絡致します。」という意味である。

対面での会話や電話では、「I will talk to you later」という表現でも良い。

「I(わたし)」スタートを避けるためのLet me get back to you

ビジネスメールでは、「I(わたし)」で始まる文章を多用すると英語力がない人だと思われてしまします。

例えば、「I think that idea is pretty good. I will check my company’s situation. I will get back to you soon.」のように「I」で文章を何度もスタートすると英語の表現力がないように見えてしまいます。もちろん、「I will check my company’s situation and get back to you soon.」のように繋げて「I」を減らすこともできます。

ただ、それでも二回連続「I」を使用しているので、「I think that idea is pretty good. Let me check my company’s situation and get back to you soon.」の方が見た目がいいです。

他にもlet you know

get back to you意外にもlet you know(あなたにお知らせします)という英語表現なども使って代替することが可能でしょうか。

I will talk to you laterでもいいです。

このように色々な表現がありますが、日本人に馴染みのないget back to youがおしゃれでかっこいい表現かもしれませんね。

英語学習熱に火が付いた人は以下記事もチェック!

[関連記事]

トップへ戻る