【2021年】世界Youtubeチャンネル登録者数ランキング!海外TOPユーチューバーは誰?収益、国、ジャンルを分析!

海外に住みながら朝から夜までずっと世界のYoutubeを画面に穴が開くほど見まくっている管理人です。

よく、世界のYoutubeの潮流が日本に少し遅れてやってくるなんて言いますが、海外ではどういったトレンドのYoutubeが人気なのでしょうか?

またどれほどの登録者があり、収益額はどれくらいなのでしょうか?

では、皆様が気になる世界のYoutubeチャンネルのランキングTOP20を発表します!

ちなみに日本では2021年時点で『キッズライン♡Kids Line』がチャンネル登録者1,220万人、再生数100億、動画投稿数5,000本で最高です。

2番目が『はじめしゃちょー(hajime)』でチャンネル登録者907万人、再生数78億、動画投稿数2,268本で最高です。

3番目が『タキロン Takilong Kids’ Toys』となっており、1位と2位がキッズ向けチャンネルということで、子供をあやすのが大変なので、親はYoutubeチャンネルをつけっぱなしにしているんですかね。

また、おもちゃとかであれば、日本語の壁を超えれるので有利なんでしょう。

ということで、話は逸れましたが世界の様子を見てみましょう!

2021年世界Youtubeチャンネル登録者数ランキング

ランク チャンネル名 登録者
(百万)
言語 コンテンツ内容
1 T-Series 169 Hindi 音楽
2 PewDiePie 108 English エンタメ
3 Cocomelon – Nursery Rhymes 103 English 教育(キッズ)
4 SET India 94 Hindi エンタメ
5 ✿ Kids Diana Show 73 English 教育(キッズ)
6 WWE 72 English スポーツ
7 5-Minute Crafts 70 English ハウツー
8 Like Nastya 68 Russian 教育(キッズ)
9 Zee Music Company 67 Hindi 音楽
10 Canal KondZilla 63 Portuguese 音楽
11 Vlad and Nikita 61 English エンタメ
12 Justin Bieber 60 English 音楽
13 Blackpink 56 Korean 音楽
14 Zee TV 55 Hindi エンタメ
15 Dude Perfect 54 English スポーツ
16 MrBeast 52 English エンタメ
17 Marshmello 51 English 音楽
18 Big Hit Labels *BTSなど 50 Korean 音楽
19 Movieclips 48 English 映画
20 Goldmines Telefilms 47 Hindi 映画

これが世界TOP20のチャンネルです。いかがでしょうか?

なんと世界一の登録者数のチャンネルはインドのチャンネルなんですね。

世界一の人口を持つ国は14億人の中国ですが、中国ではGoogle及びYoutubeは使えないので、世界二位の人口を持つ13億人のインドの登録者数が多いのも納得です。

アメリカの人口は世界三位で3億人ですが、英語という国の壁を超える言語を持っているのでTOP20のほとんどが英語が主要言語のチャンネルです。

また、音楽とキッズは相変わらず世界でも強いコンテンツとなっています。

実際の中身を見た方が理解できると思うので、チャンネルも1つずつ紹介していきましょう。

1位:T-Series

世界一のチャンネル登録者数を誇るのはインドのレコードレーベルで、映画製作会社であるSuper Cassettes Industries Private Limitedのチャンネル。

インド映画のボリウッドの映画と音楽のコンテンツを持つのが強いです。

ヒンディー語ですが、音楽とかについては日本人でも興味本位で見てみる価値はあります。動画の内容を見る限り日本人、欧米人、アジア人だと継続してチャンネル登録してみようとは思いませんので、登録者はほとんどインド人であることがうかがえます。

2位:PewDiePie

ティーシリーズが1位になる前はずっとチャンネル登録者数が1位だったパウディーパイ。

ゲーム実況やSNS実況がメインのコンテンツになります。

こちらは英語で配信されているので、英語を理解できる人であれば、なんとなく内容は理解できると思います。

ただ日本人と欧米人は笑いのセンスが違うので、チャンネル登録まで至る日本人は少ないと思います。

やはりゲーム実況とYoutubeは相性がいいことが、世界の事例からも分かります。

3位:Cocomelon – Nursery Rhymes

子供向けのアニメです。

日本のおもちゃとか子供の様子を垂れ流す動画に比べて、アニメ動画というのがポイントですね。子供は絵しか見てないので、内容はなんでもいいのかもしれません。

1動画5,000万回視聴とか記録しているので、1再生を0.1円とするとそれだけで動画一本で500万円稼げるのでしょう。

ここから分かるのは、日本はアニメコンテンツ産業や制作能力は強いので、TVに垂れ流すのではなく、Youtubeにアーカイブしていった方が稼げるかもしれません。

データから見る世界のYoutubeの動向(トレンド)

紹介した世界Youtubeのチャンネル登録ランキングを見る限りいくつかの共通点が見えます。

  • 情報規制されてない人口が多い国にリーチしている(インド、英語圏)
  • 言語の壁を超えれる(音楽、キッズ、英語)
  • 韓国のように非英語圏でも上記を満たせばTOP20には入れる

これらのデータを鑑みて、Youtubeで世界と戦おうと考えている人は戦略を考えましょう!

関連動画も見てジャンルごとにもっと研究したい方は以下。

[関連動画]

【まとめ】ビジネス系Youtuberランキング!学べる、稼げる、おすすめYoutubeチャンネルは?勉強して成長したい人は必見!

【保存版】過激系Youtuberランキング!迷惑?体張るユーチューバー動画のまとめ!

【全生徒必見】教育系Youtuberをまとめてみた!見るだけで学びになるのでおすすめ!無料オンライン学習には最適!授業・受験系Youtubeチャンネルはどれだけ稼げる?

トップへ戻る