「成功報酬・成果報酬」って英語でなんて言う?ビジネスで使われる英語表現Contingency Fee!

ビジネスをしていて、「成功報酬・成果報酬」って英語で何て表現するんだ?って思ったことありませんか?

そんな疑問に答えるべくオーストラリアでビジネスを学んでいた私が、「成功報酬・成果報酬」の英語表現についてお答えしちゃいます。

そもそも成功報酬の定義は?

皆さん、成功報酬ってよく使いますけど、正確な定義を知っていますか?

成功報酬(せいこうほうしゅう)とは、仕事が成功したことに対して支払われる報酬のこと。特定のサービス提供に於いて目的を達したら料金を請求するが、目的に達しなかったら代金を請求しないこと。

参考:Wikipedia

意味は知っていると思いますが、改めて日本語の定義について調べることってないですよね。成功報酬とは上述の通り、成功した場合に支払われる報酬のことをいいます。字面そのままですね。

なので、時給とかサラリーマンや公務員として、成果に関わらず給与が振り込まれる人は、成功報酬で働いていないことになります(一部評価変動や業績変動ボーナスはあると思いますが)。

英語で「成功報酬」ってなんと表す?

結論から言いますと、英語で「成功報酬」とは、「Contingency Fee」もしくは「Contingent Fee」と言います。

ダブルチェックと言うことで、英英辞書から逆引きしてみましょうか。

Contingency Fee: (in the US) a sum of money that a lawyer receives as a fee only if the case is won.

参考:Oxford Dictionary

オックスフォード辞書では法律家の成功報酬について書かれていますが、他にも適用できます。日本語の定義と合致しますね。

そもそも、「Contingency」ってどういう意味なの?と思う人のために、こちらも調べておきました。

Contingency:

① 将来起こりうる事;不慮の事故、不測の事態

② 偶然

③ (万一に備えた)臨時出費

参考:WISDOM辞書

あまり成果報酬のような要素がないですよね。①の意味を拡大解釈して、「不測ではあるが将来起こりうる報酬」といった感じでしょうか。

いつも紛らわしいと思うのが同様にビジネスで、Contingency Fundsということで臨時のための出費(つまり予備費)の意味として頻出します。③の意味になります。

プロジェクト収支とかを作るときに何が起こるか分からないバッファーとして「Contingency」という単語がよく出てくるんですね。

同じビジネスシーンで出てくるのでうまく文脈から見抜かないといけません(大体分かりますが)。

「成功報酬」の他の英語表現!インセンティブやコミッションの違いって何?

他にも煮た表現で日本語では「インセンティブ」だとか「コミッション」という言葉も使われますよね。

それぞれ調べてみましょう。

incentive: a thing that motivates or encourages someone to do something; a payment or concession to stimulate greater output or investment

参考:Oxford Dictionary

インセンティブとはつまり、「報奨金」や「誘因」という意味ですね。なので、「成果報酬」というよりは、「成果+報酬」のときの「報酬」って意味になります。

commission: a sum typically a set percentage of the value involved, paid to an agent in a commercial transaction

参考:Oxford Dictionary

コミッションとはつまり、エージェントに支払われる総額価値の割合から出される報酬のことですね。という意味ではこれも「成功報酬」なんですが、「Contingency Fee」との厳密な違いは、総額からのパーセンテージで割り出されるか絶対額として決まるかですね。

弁護士とかって総額の何パーセントという総額っていう概念で基本報酬をもらわないケースが多いですからね。一方、留学エージェントなら授業料の30%、不動産エージェントなら売買金額の3%とかで報酬をもらう。こちらがコミッションに近いですね。

ただ、現実ではここまで厳密に使い分けていることはないと思います。

「成功報酬」の英語表現に関するまとめ

まとめると、「成功報酬」=「Contingency Fee」ということでした。

他にも、「インセンティブ」や「コミッション」なんて言い方があるけど、その違いは上述の説明を見てね。

また、ネット広告のクリック型課金の成功報酬は、「PPC(Pay Per Click)」なんて呼ばれたりします。

以上でした!他にも英語に関するタメになるネタは以下関連記事を見てね!

[関連記事]




トップへ戻る